Get Adobe Flash player

postheadericon 伝統

一升餅っていうのを知っていますか?
その名の通り一升(およそ1.8キログラム)の重さのお餅のことを指すのですが、しかしこれ、単なる餅ではありません。
ご存知の方もいるかもしれませんが、日本の伝統で、1歳になった子供のお祝いに使われるものなのです。

実は昔から、日本では誕生日というものがあまり重視されて来ませんでした。
数え年という考え方で、どんな人でも、お正月を迎えた時に1歳歳を取る、という考え方があったのです。
しかしそんな中でも、1歳の誕生日は特別でした。生まれてからの1年間がもっとも育てるのが大変で、死亡率も高かったことから、この時だけは家族でお祝いをするのです。

その方法が一升餅。方法は地域によって様々なのですが、もっとも一般的な方法は、風呂敷やリュックなどを使って、赤ん坊に背負わせるということです。
背負わせることがどういうお祝いなのかは後で述べるとして、昔からの伝統的な行事ですから、我が子の成長を祈るのならば、やってみて損はありません。

昔からの伝統に則って、せっかくのかわいいお子さんのことをお祝いしてあげたいと思いませんか?
ここでは、一升餅がどれだけ縁起がいいものか、また、一升餅のお祝いに込められた意味を紹介します。

外部リンクでおすすめ

  • カテゴリーなし
2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930